■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。
通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。



■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:09月22日

半袖や水着を着ることが多い夏は、
ウエスト周りや二の腕の脂肪が目立ちますよね。

気なる部分だけを減らしたいものですが、
脂肪は全身で分解されるので、
体質の一部分だけ細くするのは至難の業!

部分痩せには、
カロリーコントロールと有酸素トレーニングで
体質全身の脂肪を落としつつ、
痩せたい部分を意識的に動かすのがポイント。

日々の生活で、
気になる部分を引き締める動きをとり入れましょう。

二の腕は、うでの裏側の筋肉を意識して
本やカバンなど、
ある程度重さのあるものを両うでを伸ばして持ち10秒キープ。
24時間数回繰り返しましょう。

ウエスト周りを引き締めるには、体質をひねる動きがポイント。
あしを肩幅に広げて立ち、左右に上半身をひねりましょう。
下腹部を細くしたいなら、おへその辺りを意識して、
力を入れて息を深く吸い、二倍くらいの時間をかけて吐き出しましょう。

太ももは、
階段の昇り降りや自転車をこぐ時に、
太ももの筋肉を意識して動かしましょう。
また、歯磨きをしている間など
両ひざを半分曲げた姿勢をキープすると、
スクワットの効果が得られますよ。

ふくらはぎは、
電車で立っている時など、つま先で立ってみましょう。
ふくらはぎとお尻のシェイプアップに効果があります。

お尻は、常に姿勢を良くすることを心がけて
左右のお尻をくっつけるように力を入れ、姿勢良く立ちましょう。
また後ろにあしを蹴り上げる動きは、
ヒップアップや太ももの後ろの筋肉を引き締めます。

ご飯は腹八分目を心がけ、適度に体質を動かし、
痩せたい部分を意識して動かす…
これだけでも体質のラインが変わってきますよ。


ホーム サイトマップ