■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:07月02日

シェイプアップを始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのに運動しなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早くシェイプアップを終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

シェイプアップ関連の商品では、
「一ヶ月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の体にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、シェイプアップというのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、体を壊してしまっては
何のためのシェイプアップかわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減を一ヶ月の間に実現することが
理想的なシェイプアップなんだそうです。

ですから、
一ヶ月に10キロ以上のシェイプアップをしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
シェイプアップ商品のコピーでよく見られる、
一ヶ月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
体への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、シェイプアップの鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しいシェイプアップをする必要もありません!

また、
「シェイプアップ=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「わしにはこらえ性がないから、シェイプアップなんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
シェイプアップを始めましょう!


ホーム サイトマップ