■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。 目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。





還暦祝い プレゼントならこちら
還暦祝い プレゼント、今すぐアクセス
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/


■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:04月09日

減量と体操は切り離せない関係にあります。
でも「痩せたい!」と切望している人が、
全員体操好きとは限りませんよね。

むしろ体操が苦手だったり、
普段体操を行う機会がないからこそ、
減量が必要な体型になってしまったのでは?…と、
厳しい見方をすることもできます。

体操が減量に効果的なことは、
今や周知の事実なんですが、
体操が嫌いな方は、
どうにかして体操せずに痩せようと、あれこれ頑張ります。

食事制限減量や半身浴減量、
レコーディング減量…などなど

むしろ最近では、
たまに思い出したように体操するぐらいなら、
かえってしない方が減量には効果的…
なんて意見もちらほら聞きます。

もちろん、体操せずに減量しても、
「絶対に成功できない!」とは言い切れません。

でも、体操した方が
減量を成功させやすいことは間違いなさそうです。

ある大学の研究で、
減量に体操を取り入れたグループと
体操を取り入れないグループを比較してみたところ…

一切体操しないで減量に励んだグループは、
目標体重まで減量するのにかなり時間を要した上に、
食事制限でストレスに悩まされたり、
挫折しやすい精神状態になる…という結果が出ています。

また、減量の内容も、
体操するグループは効率良く脂肪を落としたのにも関わらず、
体操しないグループは必要な筋肉が減り、スタミナも衰えたそうです。
要するに、疲れやすい身体になってしまっていたのです。

効率よく痩せたいなら、
やはり体操は欠かせないんですね!



ホーム サイトマップ