■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。





美少女フィギュア
美少女フィギュアナビ
URL:http://fig-ad.com/


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:09月15日

「太っている」「太りだしている」ということは、
食べ物を上手くエネルギーとして使えていない状態なんだそうです。

つまり
身体が熱を作り出せず、体温が下がり、
身体が冷えているんですね。

そうなると身体は寒さから身を守り、
体温を保つために脂肪を溜め込もうとします。

それだけではなく、
内臓の働きが弱まり、便や尿の排泄が悪くなり
身体の中に水分が溜まります。
これが、「むくみ」の正体ですね。

そうすると、活動のためのエネルギーが奪われ
身体のさまざまな機能が低下し、ますます冷えを起こします。

冷えが起きると、
身体はさらに脂肪を溜め込もうとします。

こうして、どんどんと悪循環に陥ってしまうわけです。

こんな状態では、
減量が上手くいくはずもないですよね!

だから、減量を成功させるには、
身体の中の余分な水分を排泄し、
むくみを解消する必要があるんですよね。

身体の中の水分は、
血液やリンパ液によって運ばれています。
つまり、血液、リンパ液の循環を良くすることが
むくみの解消につながるのです。

ちなみに、ふくらはぎがむくみやすいのは
血液を循環させている心臓から遠いところにあるからなんです。

僕は、むくみを解消するために
毎日、軽いトレーニングをするように心がけています。
血液の流れが良くなりますし、汗をかけば余分な水分も排泄できます。

また、寝るときは、脚を少し高くしていますし、
脚の付け根や膝の裏側などのマッサージも
日課にしています。
これは、力をいれず、さするだけで十分ですよ。



ホーム サイトマップ