■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。 レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?



■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:03月31日

パパはあたくしが産まれた日、
成田に出張に行っていたそうです。

小さい頃に父母を亡くしたパパは
父母になるということに、
とても強い思いを持っていたようです。

「親戚中がお前が生まれたことを祝ってくれたんだぞ」
「お前が生まれてきて、みんなすごく喜んでいたんだぞ」って
少し興奮しながらあたくしに話してくれました。

小さい頃のあたくしはとても神経質な赤ちゃんで
手でゆりかごをしている時はスヤスヤ寝ているのだけれど
寝たと思って、そっと布団に置くと「ギャー」っと泣き出す。

一晩中、抱いていたことが何度もあったということを教えてもらいました。
手のかかるお子さんだったみたいですね。

そして、
たくさんの思い出話を聞かせてもらった後、
最後にパパがこう言ったのです。

お前が生まれて来た時、こんなことを思ったんだ
「わしは父母がいなくて
父母がいないお子さん、父母がいないお子さんと言われ続けてきた」
「だからこの子は、父母がいないお子さんにはさせたくなかった」…と。

「そのためにも、これからもっと頑張ろう!」
「家族のために頑張ろう!」
そう思ったんだそうです。

その時、
パパは込み上げてくる思いを一生懸命抑えているようでした。
言葉では説明できない、いろんな思いが湧き上がってきたのだと思います。

パパはとても厳しい人でしたが、
いつも一生懸命、あたくしを育ててくれました。
父母の愛情を受けたことがないのに、あたくしに愛情をくれました。
パパもママも子育てをしたことがなかったけど、
あたくしを立派に育ててくれました。

真実の愛とは
「自分が与えてもらえなかったものを与えること」
なのかもしれませんね。

ホーム サイトマップ