■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:02月04日


減量を始めたばかりって
とっても大事だと思います。

スタートが上手くいくかどうかが
減量成功・失敗の分かれ目だといっても
過言ではないと思うんですよね。

上手くスタートするための手段の一つとして、
食べたものをメモするという方法があります

できれば常に持ち歩くようなもの…
手帳みたいなものに書くといいですね。

例えば…
6時食
菓子パン・野菜スティック・フルーツジュース・
…みたいな感じで

これを実践することのメリットは2つあります。

まず一つ目は、
足りない栄養素を把握することができる点です。

別に栄養素といっても大げさではないですよ。

あっ、今日は野菜とってない!
なんかお肉ばかりの食事だな…みたいに
感覚的な感じで全然OK!

大雑把でも意識して食事をとると
ばっちり減量効果がありますよ!

減量に必要なものは
たくさんあると思いますが、
やっぱりどれをとっても
バランスを一番気をつけなきゃいけませんからね。

意識するのも一つの減量法、
そう思えばやる気も出ますよね。

二つ目のメリットは食べすぎの防止です。

例えば、
6時・12時の食事のメモをみたら両方とも
果物で甘いものを食べていたことが判明!
さすがに焦りますよね…

こんなふうにメモをとっていれば
食べすぎなどの防止につながります。

なので、
減量を始めたら
本当に簡単なメモでいいので
食事を記録するようにしましょう!

これも毎日書き続ければ、
「継続は力なり」で、
ちゃんと減量の為のステップにつながります。

メモを書く癖をつければ、
難なく、自分のからだの事が把握できるようになりますよ!




■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する最新のレーシック