■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:09月25日


減量のためのトレーニングって
いろいろなものがありますね。

インターネットや書籍、
テレビなどでも紹介されることが多いので、
実践している人も多いのではないでしょうか。

トレーニングで減量に成功するためには、
簡単で無理なく続けられる方法を探すことが大切ですね。

最初だけ頑張っても、継続できなければ
理想的な減量効果は得られないものです!

自分で日々続けられそうだと思う
簡単なトレーニングを探してみましょう。

減量のためのトレーニングは、
ほとんどが目的別に紹介されていますね。

例えば…
足を細くしたい人のためのトレーニング、
お腹の脂肪を落としたい人のためのトレーニング、
二の腕を細くしたい人のためのトレーニング…
などなど

一つ一つ見ていくと簡単なものが多いけれど、
一度に全部やろうと頑張ってしまうと、
続かなくなっちゃうことがあるので注意しましょう。

中途半端な減量やトレーニングは
リバウンドの原因ともなります。
あせらず少しずつ簡単なトレーニングをこなして、
徐々に数を増やしていくと良いでしょう。

私が実践している
一番脂肪がつきやすいウエストをスリムにする、
簡単なトレーニングを紹介しますね。

仰向けになって
両手をウエストのおへそにあてます。
そして、あごを引いて、
背中を丸めておへそを見るようにし、
腹筋の収縮を意識しながら首をおこします。

これを15回1セットとして
1日3セット行います。
これなら毎日続けられますよね!

上体を起こすときに息を吐いて、
倒すときに吐くというふうに呼吸に注意すると
更にエネルギーの燃焼効果が高まって、
スッキリウエストに早く近づけますよ!

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する最新のレーシック