■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:10月18日

必要以上に太っていると
色々な病気を引き起こしてしまう原因にもなります。

単に見た目だけではなく、健康を考えた上でも、
シェイプアップによる体重の管理はとても大切と言えます。

でも過度なシェイプアップは
逆に体を壊してしまう場合もあります。

そんなことにならないためにも、
シェイプアップの注意点をしっかりと把握しておきましょう。

シェイプアップは、
単に一時的に痩せるだけではなく、
リバウンドしないためにも、
太りにくい体を作り上げるのが
上手なシェイプアップと言えます。

そのためには、
単に食べる事制限や
サプリメント、食べる事食品の利用や
体操療法などを実行するだけではなく、
毎日の生活習慣を見直すことも大切になります。

シェイプアップの注意点として、
食生活の見直しはとても大切です。
24時間きちんと三食の食べる事を取ることが大切!

また
22時はカロリーが消費されにくいので、
夕方食はカロリーを抑えた食生活を心がけましょう。

とは言え、無理や我慢は禁物です。
反動で逆に食欲が増してしまう場合もあるので、
自分でコントロールしながら、
食べる事制限を行なっていきましょう。

また周りに
シェイプアップ中だということを宣言することも大切ですね。

そして
毎日体重計に乗って、
自分の体重をチェックすることも必要となります。

シェイプアップの最大の注意点は、
無理なシェイプアップはしないこと!

1ヶ月に10kgもダウンするような
過激なシェイプアップはリバウンドしやすく、
さらに肌荒れや、生理不順などの原因にもなるので
1ヶ月5%以上の体重ダウンは避けるようにしましょう。

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する最新のレーシック