■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係


■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。




■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:10月12日

メタボって、腹周りの太さが基準となっているそうです。
男性だと85cm、女性なら90cm以上ウェストがある人は、
メタボの疑いが強くなるみたいですよ。

ですから、太っているということは
スタイル的な問題もさることながら、健康を損なう可能性もあるわけです。

メタボ解消のために、
減量に励まなくっちゃ!

減量に成功するためには、
どんな減量法を選ぶかももちろん大切ですが、
自分の生活習慣を反省することの方が重要だったりするんですよね。

読者様は減量の生活で
「これをやっていたら太るなあ」ということはありませんか?

テレビを見ながらおかしをつまむのが癖になっていたり…
腹いっぱいなのに余計に食べちゃったり…
いやなことがあると、ヤケ食いをしたり…

自分の生活習慣を見直してみると、
改善ポイントは意外と出てくるものです。
逆にいうと、改善ポイントがあるから
減量をしなければならない状況になったんですけど…

減量というと、
激しい体操とか、厳しい食事制限
というイメージを持たれる方が多いようですが、

連日の悪い習慣を改善すれば、
簡単に減量できるんじゃないでしょうか?

「減量をするにも、仕事が忙しい」
と言い訳する人もよく見かけますが、
いくら仕事が忙しくても、
自分の生活習慣を見直すことぐらいはできるはず!

このように、
減量というのは
まず自分の足元を見ることから始めれば良いと思うんです。

高いハードルを設定する必要は全くありません。
自分の足元を見ることによって、手をつけやすいところから、
減量を手掛けることができるようになるからです。

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が実現する最新のレーシック