■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:04月13日

体脂肪を落としたいのであれば、
夕方食は低カロリーにする必要があります。

よくシェイプアップをするのに、
6時とお昼は抜いて
17時たくさん食べるという人がいますが…
これは間違ったシェイプアップのやり方です。

6時とお昼を抜いた分、
脳が次にご飯を摂った時に
カロリーをたくさん貯えようと働きかけるので、
結果的に、逆に体脂肪が増えてしまうのです。

それに、夕方食を食べる時には、
スープやお味噌汁などの汁物から食べましょう。

水分を先に摂ることで、お腹が満腹感を感じます。
で、ご飯を低カロリーに抑えることができるんです。
インスタントのお吸い物やお味噌汁、スープなどでもかまいません。
ご飯には、必ず汁物をつけるようにしましょう。

できれば、
野菜たっぷりのポトフや
お豆腐を中心とした具だくさんのお味噌汁などをつけると、
たんぱく質や食物繊維も摂ることができて、一石二鳥です。

また、お鍋も低カロリーですから
シェイプアップにはいいですよ。

どの料理よりも熱いですし、
調理しながら食べるので、ご飯に時間がかかりますよね。
ご飯の時間が長くなれば、低カロリーのご飯でも
満腹感と満足感を感じられます。
野菜とお豆腐をたっぷり入れた韓国のチゲ鍋なんて、いいですね。

それから、夕方食を低カロリーにするためには、
肉類より魚類を多く食べるように心掛けるといいでしょう。

魚にはDHAという成分が多く含まれていて、
コレステロールの低下なども期待できます。
もちろん、脂肪分が肉類に比べて低いということも、理由の一つです。


ホーム サイトマップ